« 見直したぞ、父さん! | トップページ | 桜の季節なのに…。 »

2013年3月21日 (木)

ボランティア講習会

レオ爺と同じ歳のイチロー君が天国に旅立ちました。
写真で見せていただいたイチロー君の可愛らしい姿、これからもずっと心の中に大切にしまっておきます。飼い主さんも介護生活、本当にお疲れ様でした。心からご冥福をお祈りします。

さて、昨日は岡山県動物愛護センターで活動しているボランティアの講習会に出かけていました。
譲渡犬のお世話をする人、定期的に犬達をピカピカにしてくれるプロのトリマーさん、そして子供たち向けの「動物ふれあい教室」に犬連れで参加する人たち、いろんな形のボランティアが集まりました。
犬連れで参加するには、その犬をボランティア登録しなければいけないのですが、一応厳しい()審査があります。
昨日はすでにボランティア犬として活動している犬達の更新審査ということで、カブを含めて12頭の子が緊張の面持ちで(?犬達はいたって普通。飼い主の方が緊張してた感じ…。)、座ったり、伏せたりしていました。
Photo
Photo_2
センターから譲渡された後に、ボランティア犬として活躍している子もいます。
Photo_3
この活動に参加する犬の条件として一番重要なのは、母さん的には“人が好き”ということだと思います。愛護センターでは主に子供たちを対象にしています。
しかも就学前の天然素材のちびっ子達です。いろんな犬を前にして、大はしゃぎで四方八方から手を伸ばして触り放題。甲高い声がキャッキャと犬の頭上を飛び交うのですよ~。こんな状況を犬自身が楽しめるかどうかが大切だと思っています。

カブの場合、若い時には結構楽しんでいましたが、シニア期に入ってからは、「ガキンチョだから仕方ないなあ。触りたかったら触ってもいいよ」って感じですかね。(←若いママが一緒の時は目の色が違ってます!)

センターでのボランティア犬は一応10歳までとなっているので、カブにとっては今回が最後の更新審査になります。カブ、それから参加した犬達みんな、お疲れ様でした。

Photo_4
Photo_5

|

« 見直したぞ、父さん! | トップページ | 桜の季節なのに…。 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589105/57005365

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア講習会:

« 見直したぞ、父さん! | トップページ | 桜の季節なのに…。 »