« とにかく見てください! | トップページ | レオ爺の同級生・イチロー君 »

2013年2月24日 (日)

温かい家庭を探しています―「もも」と「えびちゃん」

岡山県動物愛護センターでは、毎月第2、4日曜日の午前中に譲渡講習会を開催しています。
センターから犬猫を引き取る人は必ず講習会に参加した上で、毎月第1~4日曜日の午後の譲渡会で実際に犬猫を引き取ることができます。
Photo
譲渡会では各犬舎の前に性別、推定年齢など簡単な説明書きがあるだけですが、どの子もそれぞれ面白い性格、特徴があります。
まずは来てみて、実際に犬に触れてみてください。

以前から何度も紹介していますが、通称「もも」と呼ばれるビーグル系ミックスの成犬(←といっても10ヶ月)と、チョコレート色のダックス・推定7歳の「えびちゃん」がいまだに新しい飼い主を見つけられずにいます。
Photo_2
どうしてこの2頭が長期滞在になっているのか母さんにはわかりません。どちらも人懐っこく、他の犬に対しても何の問題もありません。

ももの場合はほんの少し体格が大きい、えびちゃんの場合は年齢が7歳で年をくっている…というのが敬遠される理由なのでしょうか?
Photo_3
今日は父さん、レオ爺、カブもセンターに行っていたので、一緒に散歩をしてみました。
Photo_4
犬の選り好みの激しいカブも、えびちゃんのように穏やかな性格の犬とは仲良くできるようです。

岡山県では成犬に限り、先住犬が1頭だけなら譲渡を受けることができます。

ここに素敵な性格の犬達がいます。もう1頭迎えたいなと考えている方がおられたら、是非一度遊びに来てみて下さい。

|

« とにかく見てください! | トップページ | レオ爺の同級生・イチロー君 »

犬ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589105/56834573

この記事へのトラックバック一覧です: 温かい家庭を探しています―「もも」と「えびちゃん」:

« とにかく見てください! | トップページ | レオ爺の同級生・イチロー君 »