« 温かい家庭を探しています―「もも」と「えびちゃん」 | トップページ | 春が来た? »

2013年2月26日 (火)

レオ爺の同級生・イチロー君

レオ爺のブログを読んで下さっている飼い主さんがワンちゃんの写真を送ってくださいました。
レオ爺と同じ1995年に生まれたイチロー君。
_
爺さんと同じスムースのダックスなので、特に親しみを持ってしまいます。当時はロングコートのダックスが流行していて、短毛の子が少なかったなあと懐かしく思い出します。
Photo
飄々とした表情などレオ爺とそっくり!おそらく出来ること、出来ないことも爺さんと同じような状態だと思いますので、飼い主さんの毎日のご苦労も手に取るようにわかります。
Photo_2
子犬育ての大変さとは違い、老犬介護にばら色の未来が広がっているわけではありませんが、ちょっとした仕草や表情で、これまでの長い長い歴史の中で犬から与えてもらった喜びがいっきによみがえってくるのも楽しいものです。

そういえば『わんケア』さんでも老犬介護の思い出を募集しています。
いろんな情報を共有できれば、介護も面白くなるような気がします。いろんなお話を聞かせてくださいね。

|

« 温かい家庭を探しています―「もも」と「えびちゃん」 | トップページ | 春が来た? »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

イチローくん、優しい表情ですね。雰囲気は確かにレオくんに通ずるものがありますね。

投稿: ナハ | 2013年2月26日 (火) 16時34分

ナハさん、一日も早く老犬倶楽部を立ち上げましょうよ~。老犬予備軍はたくさんいるよなあ(笑)

投稿: レオ爺 | 2013年2月26日 (火) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589105/56843694

この記事へのトラックバック一覧です: レオ爺の同級生・イチロー君:

« 温かい家庭を探しています―「もも」と「えびちゃん」 | トップページ | 春が来た? »