« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

散歩納め

今年も残すところ3日となりました。
といっても次の365日が始まるだけですが、レオ爺の年齢を考えると一日一日が貴重です。

昨日の大雪(←この辺りでは積もりました!)とはうって変わって、朝から晴天で過ごしやすかったので、みんなでいつもの公園に散歩納めに行ってきました。
121229_123001
121229_125321
70
歳をとうに超えたご夫婦が、バギーに乗ったレオ爺を見てニコニコと話しかけてこられました。16歳半まで生きていた中型犬を一昨年亡くされたそうで、「見ていたら懐かしくて懐かしくて、つい声をかけてしまいました」と言われていました。亡くなる3日前まで、この公園で散歩をされていたこと、最期の様子など、思い出をたくさん話してくださいました。
121229_125010
もうお会いすることはないかもしれませんが、レオ爺が結んでくれた一期一会の縁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

いや~まいった、まいった。

今朝4時ごろ、ビヤーッとした感触で目が覚めました。
母さんのお尻の辺りがビシャビシャ…レオ爺のオムツが外れて布団にしみ込んだようです。

大急ぎで外の物干しに布団をかけ、6時過ぎに見に行ったらカチンコチンに布団が凍ってました。。。怒るに怒れない。。。笑うに笑えない。。。複雑な心境です。

ガンが消えたと喜んでいたのに、先週からまた血尿と異臭で病院に通っています。(膀胱炎だろうとのことで、抗生物質をのんでいます。)オシッコの出るタイミングも違ってきており、常時オムツ&マナーベルトを着用していますが、徘徊のひどい老犬はなかなか手強いのです。

寝ているときにオムツをきちんと付けても、歩き出すとスポッと外れて、部屋の中に茶柱ならぬ“オムツ柱”が立つ羽目に…。
Before
Photo 
足の短いダックスの場合、後ろ足をシャコ足にして引こずると容易にマナーベルトが外れてしまいます。
Photo_2
Photo_3 
針仕事が得意な飼い主さんなら、オリジナルのオムツカバーを作ってやれるのだろうけれど、恥ずかしながら母さんは針と糸も持っていません()
いいアイデアがあれば教えて下さい!

本日のおまけ…犬団子。
Photo_4
何のつながりもない犬達なのにいつも一緒。忙しい上に体調を崩してしまい、心の最低気温が氷点下まで落ちた母さんを癒してくれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

☆★メリー・クリスマ~ス☆★

幾つになってもクリスマスは楽しいものです。
Photo
特に買うわけでもないのに、朝からスーパーの惣菜売り場でウロウロと、リボン付のチキンやパーティーセットを眺めるだけでも楽しい気分になります。
Photo_2
Photo_3 
レオ爺とカブへの今年のプレゼントは「のらくら堂」さんのクッキーセット。
Photo_4
「犬と人の両方が楽しめるようにして下さい」って、お菓子の達人みどりさんにお願いして作ってもらいました。
Photo_5
始めは「犬は砂糖も塩も駄目なんじゃないんですか?」って驚いていましたが、普段からのらくら堂さんのお菓子は安心して食べていることをお話しして、身体に優しい天然のものを使って2本足&4本足兼用の詰め合わせにしてもらいました。
Photo_6
砂糖の量は少なめにしているのに、甜菜糖を使っているからか濃厚な甘味で、2本足の母さんも大満足です!
Photo_7
来月のレオ爺さんの18歳のお誕生日のケーキも予約しました。レオ爺、この調子で長生きしようね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

“動く”保護犬もご覧下さい!

年内に一頭でも飼い主が決まり、新年を新しい家族と迎えられたらなぁと期待していますが、どうやらこのまま年を越しそうです。

スタッフさん達も一日も早く飼い主を見つけようと、あの手この手で努力されてます。
Photo_4
Photo
先日はボランティアのトリマーさんにお願いしてトリミングしてもらったようで、今日見ると「えびちゃん」(←男の子だよ。。。性格も大人しいダックスなのに何故かしら家族が決まらない。。。)はセレブ犬になってるし、毎度おなじみの「ぶち」もお尻周りのムダ毛()をカットされて“美犬”になってました。
Photo_2
Photo_3 
そして何と、岡山県動物愛護財団HPで、この犬達の動画が見られるようになってるのです!

譲渡会場では尻込みしたり、大騒ぎしていることが多いのですが、日常生活はいたって落ち着いた、どこにでもいる犬達です。

是非動画をご覧になってみて下さい。そして一度遊びに来てみて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

冬装備…

一家でアメリカで暮らしている妹のK子から素敵な贈り物が届きました。
アグUGGのブーツ!
Photo
ちょっと前に母さんがブログで「カブの散歩が寒い…」と書いたのを読んで送ってくれました。

妹達が暮らしている所はニューヨークだのロスだの、そんなオシャレな都会ではなく、アメリカの真ん中当りの寒い寒い田舎なので、ブーツは必需品らしいです。

世の中にこんな温かい履物があったなんて知らなんだ…。
足に毛布を巻きつけたようなフィット感。(脱ぐ時に靴下も一緒にスポッと抜けるのが唯一の難点。)
これで冬装備は万端に整いました。
Photo_2
ユニクロのダウンと愛用のレッグウォーマーと3点セットにして、明日からカブの散歩に行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

母さん、体調不良…。

普段は風邪もひかない母さんですが、土曜日の深夜に凄まじい腹痛に襲われ病院に駆け込みました。
いろんな検査をしたにも関わらず、結局原因がわからず、おまけに点滴に入れた痛み止めも効かず…で散々な目に遭いました。

布団の中でウンウン苦しんでいる時には、さすがに犬達も神妙な面持ち()でカブ小屋の中で大人しくしていました。
Photo
でも、厚かましいことにかけては右に出るものはいないお達者兄弟!
母さんがトイレに行けるほどに回復すると、すぐにご覧の状態です…。
Photo_2
ゴソゴソっと母さんの布団の中に潜り込み、伸び伸びとした寝姿で寝入っておりました。
寝相の悪い子供と一緒です()
Photo_3

さらについてないことに、レオ爺のお漏らしがひどい上に天気が悪い。オムツ止めに使っているマナーベルトが全滅、外の物干しでヒラヒラしています。
Photo_4
照る照る坊主でも作ろうかしら?

飼い主が体調を崩すと、満足なお世話がしてやれないって痛感しました。老犬介護をしている皆様、まずは自分の体調管理ですよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

「保護犬」の日常…

久しぶりに動物愛護センターのボランティアに行ってきました。
譲渡対象となって既に8ヶ月近く滞在している通称「ブチ」に加えて、4匹の仔犬(←新しい飼い主さん宅に行きました。)を産んだ通称「おかあさん」、スムースダックス×ビーグルの雑種っぽい通称「もも」にも新しい飼い主が決まっていません。

どの子も問題行動があるわけではありませんが、譲渡会でズラーッと仔犬と一緒に並ぶと、可愛くない(←そもそも比べる方が間違っている!)、鳴き声がうるさい(←知らない人に上からのぞかれると鳴くだろ、そりゃ。) と敬遠され続けています。

ぶち、おかあさん、もも…譲渡会の時に紹介される「№○○」の犬ではなく…どの子も日常は人懐っこく、可愛らしい様子を見せてくれています。譲渡を担当する職員から毎日話しかけられ、遊んでもらい、もちろん基礎的なしつけも練習しています。
Photo
ブチは他の犬とすぐに仲良くできるタイプではありませんが、人が大好きな賢い犬です。なんと言っても背中の柄が珍しく魅力の一つ。
Photo_2
一日も早く信頼できる飼い主を見つけて、落ち着いた生活を手に入れてもらいたいと願っています。
Photo_3

おかあさんも人は大好き!
Photo_4
猟犬種のDNAが騒ぐのか運動量が多く活発な性格なのに、撫でられる時には頭を人の身体にはりつけて固まってしまうのがユニークです。

ももはとにかく甘えっ子。
Photo_5
触られるのがうれしくてたまらないようで、身体をぐにゃぐにゃにしながら甘えてきます。他の犬にも優しい子です。

譲渡会は毎週日曜日の午後開かれています。犬を飼いたいと思っておられる方、保護犬を家族に加えることも選択肢の一つに加えていただけませんか?

動物愛護センターにいるこの犬たちについてはこちらをクリックして下さい。岡山県内で動物愛護活動に興味のある方がおられたら、是非お持ちのブログ、SNSで「岡山県動物愛護財団」の譲渡犬コーナーにリンクさせていただけないでしょうか。一人でも多くの方の目にとまれば、新しい飼い主さんと出会う機会も増えます。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

ガンが消えた!

レオ爺のお薬が少なくなり、病院に行こうと、朝から爺さんのオシッコを採取しました。
Photo
本当は検査直前に出してくれれば一番いいんだけど、回数が少ないのでラップして冷蔵庫に保管してました。
オシッコは今日も問題なーし!
エコー検査もしておきましょうと、レオ爺のお腹にゼリーを塗って、何度も何度もグリグリと診て下さいました……そして、一言……「ガン、消えてますね~」


へっ?何ですと?

確かに膀胱から尿道に通じるところに隆起物(←異物は白い影となって映る。)があったはずなのに、今日は膀胱の中は真っ黒。
ガンってこんな短期間に消えるものなん?薬が効いたのか、レオ爺の免疫力でガン細胞をやっつけたのか、母さんの手作り食の効果か、父さんの愛情療法か、はたまた根占びわ茶が効いたのか…。

とにかくレオ爺はガンではないようです。終わりよければすべて良しということで、年の終わりに良いお知らせが出来ました。
Photo_2
レオ爺はそんなことお構いなしで、今日も陽気に過ごしています。
Photo_3
Photo_4
母さん「やめなさい(怒)」
Photo_5   
レオ爺が若くて元気な頃は、カブと団子になって転げまわっていましたが、今ではカブの下敷きとなっております…それでも楽しいみたいです。

レオ爺のことを心配して下さった皆様、本当にありがとうございました。レオ爺は健康そのもので明るく生きています。22歳まで生きられそうです(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

冬の風物詩

毎日寒いですね~朝はレギンスの上に暖パンをはき、さらにレッグウォーマー、腰にはホッカイロを貼り付けて散歩に出かけています。

夕方はレオ爺も一緒に行くのですが、バギーの中でぶるぶるガタガタ震えております。それを見て「かわいそうに~」と声をかけられることも多く、毛布2枚でぐるぐる巻きにして出かけています。(犬から散歩を取り上げる方が可哀相じゃないかなあ?)

厳冬期に欠かせないものは、なんと言っても“貼るホッカイロ”。
Photo
使い始めた時には、低温やけどしないかな?なんて心配もしましたが、レオ爺の場合は問題なく、快適に使っております。この上から毛布をかけておくと冬の車の中でも平気みたいです。

レオ爺には脂肪と呼べるものはほとんどついておらず、防寒着は必需品ですが、なかなか「これ!」というものは見つかりません。一昔前と違い、今では犬に服を着せることはちゃんと市民権を得ていますが、見た目ばかりが重視され、本当に機能的なものがないというのが現実です。
New
たまたまレオ爺にピッタリサイズの服を見つけたので購入しました。色もなかなか似合ってるでしょ?
Photo_2
オシッコは1日2回自力で漏らし、ごはんもよく食べます。身体が思うように動かない時には「ウォーーーン」と奇声をあげ、母さんとカブは飛び起きます・・・トホホ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

ゆるゆるな一日

わざわざブログに書いて読んでいただくほど素敵なこともなく、朝からゆるーり、ぐうたらな一日を過ごしておりました。

賛否両論あるとは思いますが、うちの犬達は母さんの布団の中で一緒に寝ます。

一昔前の犬のしつけの本には、「一緒に寝ると上下関係が…なんとかかんとか…」等と書かれたものもありましたが、最新の研究ではそうでもないらしい(←『犬はあなたをこう見ている』という本を読んでそう思いました。)し、母さんの実感として、しつけと一緒に寝ることは関係ないようです。

Photo
というわけで、母さんが起きた後の布団をめくってみると、写真のようなぐうたらな寝姿が登場します。

カブという犬は、無駄に賢くて、とにかく“気持ちのいい”場所を確保する能力に長けています。暖房のない寒々とした部屋の中で唯一温かいのは、そう、レオ爺の上なのです。
Cub_on_leo
爺さんも怒るわけでもなく、下でペシャンコになってました。

話は変わりますが、昨日、普段レオ爺が診ていただいている動物病院の院長先生の講演に行ってきました。
その時の参加賞()で『温泉卵メーカー』をいただきました。(動物病院と温泉卵には何の関連もないのですよ~ただ、ずらーっと並んだ記念品から、温泉卵好きの母さんがそれを選んだだけのことです。)
Photo_2
さっそく作って、犬達と一緒に美味しくいただきました。

犬に卵?と、これまた賛否両論あると思いますが、卵は栄養学的には理想的なものなのです。
ただし、ちょっと難しい話になりますが、ビオチンというビタミンの一種の吸収を邪魔するアビシンというのが生の卵白に含まれているので注意して下さいね。白身は加熱してからのほうが無難です。

とりとめのない話題になりましたが、母さんと犬達のゆるゆるな日常でした。
Photo_3
夜はやっぱり父さんの肉布団が一番いいらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

新しい絆

このブログを読んで下さっている方の中には、成犬の譲渡に関わっている方もおられると思います。
新しい環境にすぐになじんでいく仔犬とは違って、成犬の場合…特に社会化がうまくいっていない子の場合、譲渡した後も、「本当に出してよかったのかなあ」「引き取ってくれた家族に苦労を背負わせたんじゃないかなあ…」と考えてしまうことがあります。

以前、譲渡の際に関わった犬が、急激な環境の変化についていけず、とても不安定になっていました。その様子を見たときには、引き受けてくれた家族に申し訳なく、結果的に犬も幸せにしてやれなかったと、ただただ後悔と自責の気持ちでいっぱいでした。


今日、久しぶりにその家族と犬に会いました。もちろん、その子が抱えている全ての問題が解決したわけではありません。
けれども、一つ一つ家族で話し合って、問題に取り組む様子を見て、心からその家族に感謝しました。

一番お世話をしてくれている女の子が言ってくれた「可愛い…。育てている感じ。成長しているのがわかります」という言葉を聞いて、救われた気持ちになりました。犬のボランティアをやっててよかったと、また思えるようになりました。

Img_0691
新しい家族と犬の間には、新しい絆が生まれ、まっすぐ歩き出しています。譲渡に関わった者として、これからも出来る限りの後方支援をしていこうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

散歩は大仕事。

犬の散歩をしていると、「大変ですねー」とよく声をかけられます。
我が家では朝はカブだけを連れて1時間弱、夕方は季節にもよりますが、レオ爺とカブを連れて同じく1時間弱散歩に出かけます。
確かにちょびっと仕事をしている母さんにとって、朝晩の散歩は大仕事ではあります…でも、こんなに楽しい時間はほかになく、この時間こそが犬と暮らす醍醐味だと思っています。

12月に入って急に朝の冷え込みが厳しくなり、1分、また1分と家を出る時間が遅くなっていますが、カブはそんなことはおかまいなし!ごはんの次に散歩が好きな犬です。
Photo
Photo_2

Photo_4
いつも通る池には年がら年中鴨が住んでいます。鴨って渡り鳥じゃなかったっけ?餌やりしてるおばちゃんがいるから?
Photo_3 

夕方はよく隣の町内の犬友がお迎えに来てくれ、みんなで散歩に行きます。
Photo_5
Photo_6 
いろんなことを相談できる犬友が近くにいるのは心強いものです。

この時期の楽しみの一つは、クリスマス用のイルミネーションをしているお家見学!
Photo_7
↓↓↓本日のおまけ…冬の必需品の湯たんぽです。母さん不在時の寒さ対策にはこれが一番安心できます。
Photo_8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

母さん、徳島に行く!

昨晩、保護された黒ラブは無事飼い主の元に帰りました。

ご心配をおかけしました。飼い主さんが近くの交番に届けてくださったので、すぐにお迎えに来ることが出来ました。

全世界の犬の飼い主さんにお願いします・・・どうか犬の首輪に鑑札、迷子札等の個体識別ができるものを装着してください!
それさえあれば救われる命は格段に増えます!

朝からお友達のJ子ちゃんと一緒に徳島にある動物愛護団体「ハート徳島」にボランティアに出かけました。
Photo
毎度のことながら、力強い犬達に引きずり回され、明日の筋肉痛は間違いなしです。
このNPO代表がカナダ人ということもあり、世界中からボランティアさんが参加します。
Photo_2
今回はシンガポールから参加した女の子と知り合い、これも毎度のことながら、「もっと英語の勉強しとけばよかった()」と痛感してまいりました。

もちろん寄付も国内からだけでなく、世界中から寄せられます。(下の写真は亡くなった愛犬の犬舎を寄付してくださったもの。)
Photo_3
世界的に有名なバレリーナからの寄付によってできたドッグラン。
Photo_4
シンガポール国内での寄付で作られた新犬舎。
Photo_5
Photo_6
通常のレスキューに加えて、被災地からの犬猫を多数受け入れており、人手はいくらあっても足りません。1日のみのボランティアでもOKですし、滞在できる方には宿泊するところもあります。
「徳島まで行くことは無理…」という方、クリック一つでできるボランティアがあります。こちらをクリックして商品を購入してくだされば、Amazonから直接ハート徳島に届くようになっています。

パワフルな人達と1日過ごし、母さんもばっちり充電できました。明日から頑張りまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

緊急のお知らせ!

岡山大学周辺で黒ラブを保護しています。

※特徴…メス・太め・推定7歳くらい・口の周りの毛が白くなっています。首輪は擦り切れていますが、赤と白の縦じま模様。


お心当たりのある方は、大至急、岡山市保健所または岡山県動物愛護センターに連絡してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い~

“犬が退屈するとロクなことをしない”とはよく言ったもので、朝から退屈しているカブがレオ爺を転がして遊んでました(怒)
Photo
こんな寒い日は家でゴロゴロしたいところですが、爺さんを毛布でくるみ公園に出発!
Photo_2
地元のスポーツ少年団の体力テスト&ゴミ拾いがあったようで、大人も子供もうじゃうじゃいました。
Photo_3
犬好きのガキンチョはどこにでもおり、最初はカブの“こわもての”顔に遠慮していた子供達も、大人しいとわかると次々に集まって触りまくっていました。

今日から12月・・・師走・・・老犬にとって寒さは堪えますが、冬の静かな公園もなかなかいいものです。
Photo_4
Photo_5 
次回来る時は、湯たんぽ、ホッカイロ等々、準備万端にしておこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »