« “がんもどき” | トップページ | Made in U.S.A.!? »

2012年11月15日 (木)

長期滞在犬 ―ブチの赤い糸―

先月から時々紹介している通り、岡山県動物愛護センターには譲渡対象となりながら、長期にわたって飼い主が見つからない成犬がいます。(幸い1頭は家族として迎えられ、新しい飼い主さんは何とか新しい環境になじんでもらおうと頑張っておられます。) 

成犬Bとして飼い主を探している犬はまだ赤い糸を見つけられずにいます。
B
確かに、温度管理の行き届いた広々とした犬舎で暮らしている通称ブチを見ていると、「しばらくこのままでもいいのかなあ…」と錯覚してしまいます。

けれども犬にとっての幸せはやはり、安心できる家と、信頼できる飼い主がそばにいることだと思いますし、もし可能なら、室内で飼い主家族の話し声、笑い声が聞こえる環境で、折に触れて話しかけてもらえるなら、これ以上の“犬生”はないと個人的には思っています。

ペットショップに行けば、もっともっと可愛らしい犬はいくらでもいるでしょう。センターの譲渡犬にも他にコロコロとした愛らしい仔犬もたくさんいます。
Photo
それでも関わってきた人達の思いが詰まった犬です。一日も早く、落ち着いた生活を手に入れてもらいたいと心から願います。

どうか、いま赤い糸を捜している通称ブチという名前の成犬がいることを頭の片隅に置いていてもらえないでしょうか。そして、犬を飼いたいと思っている人がいれば、この犬のことを話してみていただけないでしょうか。

|

« “がんもどき” | トップページ | Made in U.S.A.!? »

犬ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589105/56121606

この記事へのトラックバック一覧です: 長期滞在犬 ―ブチの赤い糸―:

« “がんもどき” | トップページ | Made in U.S.A.!? »