« カブ、9歳になりました! | トップページ | 定例同窓会 <11月> »

2012年11月23日 (金)

犬が老いるということ。

母さんの場合、最初に“老い”を感じたのは目が悪くなった時です。
寝っ転がって本を読むのが至福の時間だったのに、手をピーンと伸ばさないと焦点が合わない…そのうち手を伸ばしきっても読めない…あ~老眼だ…という具合でした。

犬の場合、まさか老いているなんて考えもしないでしょうから、いつも出来ていることが一つ一つ出来なくなって、「あれ?あれ?」と不思議に感じながら、いつの間にか諦めるという感じなのでしょうか。
レオ爺さんも、一昨年末は自力でソファに上がっていましたが、失敗する回数が徐々に増えていき、昨年末あたりからは上がることができなくなりました。

この2日ほどレオ爺の明け方の徘徊がひどく、カブも母さんも寝不足です。ウォーーーン(=お腹が空いた。)、う、う、うぉーん(=何か出そう。)てな感じで、人間の赤ちゃんと同じように身体の違和感を訴えているようです。
Photo_3
そして老犬介護はやはり、一にも二にも“おしもの世話”です。
Photo
オモラシになんていちいち腹を立ててはいけません。汚されて困るものを置いている飼い主が悪いのです。掃除しにくい部屋にしているのが悪いのです。(←←常日頃、母さん自身に言い聞かせている言葉です。)

最近ではもう踏ん張る力がないようで、座ったまま便をするようになりました。
Photo_2
それでも自力で出ればいいのですが、肛門の辺りで便が止まっているときには周りを優しくマッサージして、便を肛門まで誘導してやります。(←←人間の摘便とは違うよ。)便が出ただけでも、落ち着いて眠ることもあります。

母さんのやり方が正しいのかどうか分かりませんが、毎日手探りで工夫しながら、レオ爺のシニアライフに関わっていこうと思います。
Photo_4

本日のお・ま・け↓↓↓
カブも寝不足のようで、爺さんに邪魔されないようにアイロン台に上って寝てます(笑)
Photo_5

|

« カブ、9歳になりました! | トップページ | 定例同窓会 <11月> »

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

いつも留守にしている父さんだから、家にいてレオが汚れたときは、いつでも風呂に入れるからね。

投稿: | 2012年11月24日 (土) 10時35分

いつもお風呂のお世話有難う。ドライシャンプーを追加で購入しました。老犬介護の必需品です!

投稿: レオ爺 | 2012年11月24日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589105/56175667

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が老いるということ。:

« カブ、9歳になりました! | トップページ | 定例同窓会 <11月> »