トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

レオ爺、ここで寝る?-その2-

レオ爺の場合、子供の頃から寝る場所にはあまりこだわりがありません。
足腰が元気なうちはソファに上がりこんで寝たり、夜は母さんと添い寝をしたり…要は、家中すべてを自由自在に使いこなしていました。

後脚が弱り、段差が越えられなくなってからは、範囲は狭まりましたが、「好きな時に、好きな場所で寝る」というマイペースぶりは変わりません。

なので、ヘッ?というところで、爺さまの寝姿を見つける毎日です。

Photo

今年の残暑は厳しく、8月も最終日だというのに、猛暑日&熱帯夜で、レオ爺もヘロヘロ…。炊飯器も冷たくて気持ちいいんですかね?

Photo_2

ベッドのお布団さえ、暑くて嫌らしい…。

Photo_3

前歯が減り、食べるのに時間がかかり、眠り込んでました。

Photo_5

レオ爺は外出時以外、絶対にハウスに入りません。(←そんな犬みたいなことはしないそうです。)
珍しく、カブ用ハウス(通称:カブ小屋)をちょっとお借りしてます。
ハウスのプラスチックが冷たくて気持ちいいん?

Photo_6

本日のお・ま・け↑↑↑
カブ小屋を追い出され、ふて寝?してるカブ…あー、緊張感がないわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

レオ爺、ここで寝る?-その1-

レオ爺、とにかくいろんな所で寝入ってしまいます。

本日の寝姿はこれ!

Photo_2

ごはんを食べた後、フードボールを枕にして眠ってしまいました。

食器を食べやすい高さにしてやろうと考えもしましたが、子供の頃からの早食いは相変わらず…空気をカプカプ飲み込んで胃拡張のような事故になるのが怖くて、相変わらず地べたで食べてます。

前脚の力も弱くなっており、だんだん八の字に開くようになりました。そして、とうとう睡魔に勝てなかったのか、ごはん粒を鼻につけたまんま寝入っております。

そういえばレオ爺、苦い薬が大嫌いで、早食いのくせに器用に薬だけを残す、なんてことも出来るんです。

Photo_5

器用なもんでしょ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

母さん、徳島へ行く!

四国の徳島県に『HEART徳島』という動物愛護団体があり、東日本大震災で被災した多くの犬猫を保護収容し、新しい飼い主を探しています。

友人のJちゃんに誘われて、何度か1日ボランティアに出かけており、今回、HEART主催のセミナーがあるとのことで、散歩ボランティアを兼ねて行ってきました。

被災地の動物の処遇についての意見は人それぞれ…どれが正しいとか、正しくないとか、たぶん解答はないのだと思います。

それでも、救済を求めて差し伸べられるたくさんの手の中で、一本でも握り返せるなら、そうしたい。寄付という方法もある、ボランティアに出かけるというのもその一つ。

大切なのは“忘れない”ことだと信じて、母さんはこれからもお出かけするのだ~。
(父さん、我が家の犬の世話、よ・ろ・し・く!)

そうそう、瓦礫の中で11日間過ごし、その後HEART徳島に保護され、ついに元の飼い主さんの所に戻るというラッキーな犬「まるこ」の物語が本になっています。

Photo

たかが犬、されど犬です。犬を捨てるのも人、でも、救うのも人しかいないのです。

まして、被災地の動物は捨てられたわけではありません。「もし、うちの犬だったら…」と考えれば、何かをしないわけにはいきません。

ちなみに、まるこさん、初対面の時には「咬むかも…」と紹介されましたが、おっとりマイペースなお婆ちゃん犬でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

レオ爺、トイレまで後一歩!

老犬との暮らしで、一番大変なのは排泄のお世話でしょうか。

健康状態には問題がないレオ爺の場合、「排泄を制するもの、介護を制する」の意気込みで、毎日せっせとお漏らしの掃除をさせていただいてます。

レオ爺の場合は16歳を越えた頃から、失敗の回数が多くなり、現在ではトイレで成功するのは週に一度あるかないか…くらいですかね(笑)

トイレのほんの少しの段差で転倒するので、一度は完全にトイレを片付けたのですが、友人宅の子を預かった時に、その子の持参トイレをお借りしてちゃーんと成功してました。以来、爺さんのプライドのため、再使用しています。

サークルに入れるかどうか、オムツを使用するかどうか、飼い主はいろんな場面で選択を迫られていきます。

老犬介護に関する本はたくさん出ていますが、犬の状態、性格はさまざまで、これっ!という解決策は見つかりませんよね。

あれこれと試行錯誤しながら、微調整しながら暮らしていくしかないですね。

822

→→ちなみにトイレまでたどり着いたところで、力尽き、眠り込んでしまった爺さま、寝たままジャーーッと大量にしておられました(ρ_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

レオ爺、強し!

昨日のお出かけで疲れたのか、レオ爺、カブともに一日中ゴロゴロしています。

犬の身体の大きさと上下関係には、もちろん関係はないのですが、一方の犬が弱り、呆けてしまったら関係は変わるのかなあと、以前から関心を持って観察しております。

カブ坊や(←8歳の中年オヤジですが、我が家では永遠に甘えん坊の末っ子の立ち位置)の場合、レオ爺の不可思議な行動に戸惑っているようですが、今のところ下克上はおこしていません。ただ、意味もなくグルグル徘徊が始まると、そーーっと離れて傍観しています。

821

またいで出ればいいのに…と思うのですが、結局はレオ爺さんが起きるまで、ハウスの中で待っていました。

不思議な生き物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

レオ爺、ひと時の涼しさを味わう!

とうとうブログを始めました。

平々凡々な毎日を送っている夫婦と犬達には、お披露目したくなるようなネタがあるわけではないのです。けれどもレオ爺の年齢を考えると、毎日精一杯生きている姿を残しておきたい、人に自慢したいという気持ちがむくむくと膨れ上がり、ついに始めちゃいました。

レオとカブを知っている人も、知らない方々も、しばらくお付き合い下さいませ!

父さんがお休みをとったので、弟分のカブを連れて岡山県立森林公園に行ってきました。最高気温が34度の自宅と違い、吹く風も涼しげ~。

「こりゃあ、クーラーいらんわ」と冬の厳しさなど考えもせず、ただただ羨ましいの一言です。

最近はバギーでのお散歩が多くなったレオ爺も満足のご様子。

1

「来年もみんなで来れるかなあ…」などと鼻の奥がツンとなるようなことを考えていたけれど、カブの丸出しチンチンを見ていたら、そんな感傷的な気分は吹っ飛びました。

Photo_4

何でリラックスすると出す? よその犬もそうなん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2012年9月 »